オリーブレポート Vol.1


ありきたりではない和の結婚式を叶えて、感動と楽しさに溢れる演出でおもてなし

ありきたりではない結婚式をご希望されるお二人に、料亭濱長の2階ステージをご提案させていただきました。新郎新婦を取り囲むような設えで、新郎新婦が思われている“普通”からはほど遠い、まさにピッタリの会場でした。また、雰囲気も和を基調とされていたので会場を見た瞬間、「ここがいい」と思っていただけました。

お仕事が大変お忙しく、披露宴の打ち合わせを本格的に始められたのは10月に入ってからでした。しかし、ゲストへのおもてなしの気持ちや、オリジナリティーを表現したい想いも実を結び、お二人らしさが随所に伝わる結婚式となりました。

メッセージ

新婦から両親への想いを込めたメッセージ。

ウエルカムボード

習字が得意な新郎のお母様からのプレゼント。和のテーマにぴったりでした。

家紋入り暖簾

会場の入り口にはそれぞれの家の家紋が入った暖簾を飾りました。

しばてん踊り

結婚式用のお座付きの後、濱長の芸妓さんによるしばてん踊りの披露。

前撮り場所

秘密基地として新郎さまと新郎さまのお父さんが作られたガレージで前撮りをされました。

成功のポイント

衣裳

新婦様の「白無垢で入場したい」、その思いを叶えるために、お出迎えの時のみ使用した色打掛。衣裳1点1点にもたくさんの思い入れがある新婦様でした。

升の席札

ゲストの席札は升にお名前を彫ったオリジナル。ゲストへのお土産にもなりました。

米俵

両親へのプレゼントとして、生まれてきた時の重さの米俵をプレゼント。

Wedding DATA

2012.10.20

    • 山﨑 皓太・かおり
    • 挙式…土佐神社
      披露宴…料亭 濱長
      ゲスト…93人
  • 2人が大切にしてきたこと。
    「距離」と私たち「らしさ」。
    披露宴に来てくださるゲストの方との距離は近く、土佐の大宴会のような、そして今までの結婚式スタイルにとらわれない私たちらしい結婚式がしたいという思いから準備が始まりました。まずは会場探し!招待したいゲストの方がたくさんいるなかでの土佐の大宴会は難しく、インターネットを眺める日々が続きました。困り果てた私たちはOLIVEさんへ直行!式場探しから当日まで大変お世話になりました。当日やりたいことをたくさん告げて後はプランナーさんにおまかせ♪プランナーさんはわがまま、そして結婚式直前のギリギリの私たちの提案に笑顔で応えてくれました。プランナーさんとは三人四脚。式場だけではなくプランナーさん選びも大切です。私たちは何でも話せる、わがままを聞いてくれるプランナーさんと出会い一緒に結婚式をノープランから手作りしました。結果、ゲストの方にも大変喜んでいただける素敵な私たちらしい結婚式を行うことができました。  
    私たちにとって結婚式はもちろんのこと、結婚式を行うまでの過程も良い思い出です。私たちの考える結婚式を現実にしてくれたプランナーさんに感謝しています。本当にありがとうございました。